冠婚葬祭で樹木葬を選び、魂を自然へ還す

「家」を中心とする生活形態が不明確となり、冠婚葬祭の在りかたが多様化し、「墓」に対する考え方も変化しています。「生前山が好きだった」「墓を建ててもお参りする人がなく、無縁墓となる」「全く知らないご先祖様と同じ墓に入りたくない」「費用を低く抑えたい」などの理由から自然葬の一つである樹木葬を選ぶ人が増えています。

海への散骨の場合と異なり、樹木葬の場合は墓地埋葬法が関係してきます。

定められた樹木の根元に遺骨を置くという形態をとります。
樹木葬を行う場所はあくまで墓地として許可されているところです。

定められた場所に墓のかわりに希望の樹木を植える場合が多いようです。

過疎化が進んだ地域のお寺では檀家数が激減し、経営難に陥っています。


ある意味お寺にとって樹木葬は経営難を救う注目の冠婚葬祭のようです。



傾向としては今後も増え続けることでしょう。



樹木葬は通常のお墓と異なり、「檀家でないとダメ」とか「宗派・宗旨を問わない」ということがありませんので、ある意味核家族化が進んだ現代に即した冠婚葬祭と言えるのかもしれません。

費用としては樹木の代金を除き30万円から50万円ほどが相場の価格となります。

年間の管理費としては8000円から1万5000円ぐらいかかると考えてください。


基本的に1本の樹木に1人が埋葬され、いずれは朽ちて自然に還っていくということになります。

NAVERまとめの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

何々家累代の墓というような「家」という概念はありません。