冠婚葬祭である永代供養墓とは何か

冠婚葬祭は忙しいもので、普段は墓参りなどが出来ない人のためのサービスが形になったのが、永代供養墓です。
これは墓参りをする人がいない場合でも寺が永代に渡って、ずっと供養や管理をしてくれるものであり、冠婚葬祭で悩んでいる人が利用する事も多い方式です。
一般的な墓との違いは管理してくれる事はもちろんですが、墓石の料金が掛からない事や墓地の使用料金が安いなど一般的な墓よりも割と安い値段で行なう事が出来るものです。


実際の平均的に掛かる料金は30万円~50万円となっていますが、10万円~100万円など利用する人によって変わって来るため、正確な数値はありません。

方式的に考えると前述した通りの値段になる事もあり、一般的に葬式に掛かる費用の250万円よりも安く行なう事が出来るのが、永代供養墓です。



永代供養墓は冠婚葬祭として宗教派にこだわる必要がないのが特徴であり、一般的な考えも捨てて利用出来るのもメリットの一つです。

永代供養墓は年に一回など寺によってまちまちですが、管理体制は説明されるので、初心者が安心して利用出来ると言う面も持っています。

毎日新聞について知りたいならこちらのサイトは便利です。

加えて、永代供養墓はNPO法人も認めている形となっているので、都や県に分けられて紹介されている一覧も存在しています。

時間がない人でも寺が管理してくれるので、墓が遠くにあっても問題がなく先祖代々の墓をずっと守り続けたい人が金銭的に負担になっても墓を守り続けられるのが特徴ともなっています。