冠婚葬祭の時における永代供養の特徴

冠婚葬祭には結婚式や銀婚式のように喜びの冠婚葬祭もあれば、告別式のような冠婚葬祭もあります。

特にお葬式は突然やって来る場合があり、葬式代一式で200万~300万程度かかる場合があります。

wikipediaについて知りたいならこちらです。

それ以外でも初七日法要や49日法要などでご供養代が必要になってくるため、かなりのお金が必要になります。



その上お墓を購入するとなるとかなり高額なお金が必要となります。

そのような場合には従来のお墓の形式以外に永代供養を選択する方もたくさんいます。永代供養のメリットとして墓石代がかからない為、かなり経済的に割安になります。また、一度料金を支払えばそれ以降は基本的には、お金を支払う必要は無くなります。しかし、ただし寺院によっては年間管理料が必要になる場合があります。



また、命日やお彼岸会の時には寺院の方で、追善供養をしてもらえます。
また、現代社会は核家族化しており、お墓が遠くにあったり、核家族化する事で、お墓を見る子孫が途絶える可能性もあります。

そのような場合でも永代供養をしていれば、寺院の方で確実に供養しますので安心です。
時間が経ち、合葬が必要になった場合も、その寺院の宗派に基づいた化儀により、供養してもらえます。
また、過去の宗派は関係ない場合が多いですが、デメリットとして、過去の宗派が違った場合、永代供養をお願いした寺院にの檀家に入る事を求められる場合があります。

その時に入檀料を求められる場合があります。