冠婚葬祭の新しい流れとしての海洋葬

近年、冠婚葬祭のあり方にも、様々なタイプが見られるようになっていますが、葬儀後の遺骨の取り扱いにおいても新しい流れができつつあります。
その一つが「自然葬」といわれるもので、中でも「海洋葬」は実際に執り行われるケースが増えています。
それは、自然そして海に囲まれている日本人だからこそ、海に対する憧れがあるのかもしれません。



一般的な日本人の冠婚葬祭の捉え方からすれば、山などの墓地に埋葬されるのが普通で安心感もあるでしょうが、時代と共に死生観も変化してきているとも言えるでしょう。



一般的な海洋葬の流れとしては、先ず事前相談や生前申し込みから始まります。

本人がいくら望んでも家族が反対すれば、海への散骨は行われないので、生前中に充分話し合っておく必要があるわけです。

最も効果的な方法の一つに「エンディングノート」があり、ここで自分の意志をはっきり示しておけば、不意の事故や病気で逝くことになっても、家族に思いは伝わるわけです。

幅広い分野の視点から毎日新聞に関する情報をすばやく探せます。

エンディングノートを作成する際には、ある程度具体的な内容を記しておくのも大切だといえます。

遺骨の全てを散骨するのかどうか、一部を残す場合はどのようなかたちにするのか、といったことです。

その後は、海洋葬に関しては遺族の領分になるので、細かい内容は散骨業者に任せることになります。

現在は少子化の影響で、墓地の管理ができない例も増えており、一般の墓地を「墓じまい」して、海洋葬に付す事も出てきています。冠婚葬祭のあり方は、今後ますます新しい方向に進んいくと考えられます。